柴田良三染付展「藍の風」とMUDDY真泥

写真はいずれも京都陶磁器会館のサイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp/event-page/

より拝借したもの。

京都市東山区東大路五条上ル遊行前町583−1にある京都陶磁器会館では、今日(2017/05/19)から5月31日(水)まで、2つの企画展が開催されます。

↑の写真の順に。

2Fギャラリーでは、『柴田良三染付展「藍の風」』。

(以下コピペ)

柴田良三氏の作品には、いつも爽やかな藍色の風が吹いている。

染物屋に生を受けた柴田氏は「焼きもので染物をしている」と笑う。

その言葉通り、彼の作品は細部まで計算しつくされた造形の上に、染付の藍色が、おしゃべりをするように踊っていて、見ているものを飽きさせない。

そして、作品を包む釉薬のなめらかな乳白の肌合いと、優しい手触りは、柔らかな絹織物のよう。

上質なエレガンスをまとった独自な作風は、洋の東西を問わず人の心を惹きつけるようだ。

自由で詩情豊かな柴田良三の世界を、心行くまでご堪能いただきたい。

(コピペ終わり)

1階コーナーでは、『MUDDY真泥』。

(以下コピペ)

MUDDY真泥(までぃ)は 京都舞鶴にある陶磁器製造工房です。

オリジナルの土、釉薬を使用して 西洋式薪窯焼成による しっかりと焼き締った器をひとつひとつ手作りしています。

薪のいぶした香りが器にまとわり、どれを取ってもその質感は、五感に語りかけてきます。

オーガニックという一言では片づけられない素直で素朴な器たち。

そこには研鑚された作り手の丁寧な仕事が息づいています。どうぞごゆっくりご覧ください。

(コピペ終わり)

一般財団法人京都陶磁器協会は、1953(昭和28)年、旧統制組合の資産を母体として業界全般の事業および公益事業を目的として設立され、東山区五条坂京都陶磁器会館を拠点として、陶磁器製品における意匠デザインの保護、技術の改善、デザインコンクールの実施、製品の販売などを行い、伝統工芸品としての陶磁器文化の啓発・育成に努めてきました。

京都陶磁器会館は海外においても京都の陶磁器工芸品を展示する貴重な施設として数多く紹介されており、伝統工芸品としての京焼・清水焼の振興に大きな役割を果たしてきましたが、1926(昭和11)年に建築された建物の老朽化により業務に支障が生じ、2004(平成16)年に「くるる五条坂」をオープンしました。

旧陶磁器会館は、耐震性に問題があったので2011(平成23)年に取り壊し、「くるる五条坂」の名称を「京都陶磁器会館」と改めました。

京都陶磁器会館は、

開館時間

 10:00〜18:00

 (入館17:30締切)

休館日

 木曜日(祝日開)

入館料

 無料

館内撮影禁止

京都陶磁器会館へは、

京阪電車清水五条(きよみずごじょう)」駅4番出口〜五条通の北側の歩道を東へ(登り坂)、東山五条交差点から東大路通の東側の歩道を北へ、徒歩約10分。

市バス80・86・100・106・110・202・206・207「五条坂(ごじょうざか)」停留所〜すぐ。

京阪バス70・82・83・83A・84・84B・84C・85・85A・86・86A・86B・87・87A・87B・88・88B・88C・92・93・95「五条坂(ごじょうざか)」停留所〜すぐ。

京都バス18「東山五条(ひがしやまごじょう)」停留所〜すぐ。

駐車場なし、付近のコインパーキングは価格設定が恐ろしく強気なので、自家用車の方はパーク&ライドhttp://kanko.city.kyoto.lg.jp/okoshiyasu/kashikoku.html

を強くおすすめします。

パーク&ライドとは、自家用車は混雑する場所には乗入れず、高速道路出口付近など離れたところに駐車して、公共交通に乗り換えることです。

京都陶磁器会館ホームページ→http://kyototoujikikaikan.or.jp/

似てるよね

コムちんはいつになったら

猫さんになるのでしょうか。。。

http://forest-1999.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-2fde.html

広告を非表示にする

【許す気持ちを持つ】

相手とのトラブルで嫌な気持ちになったり、

自分に何か実害があったりした時に、

「許せない」という気持ちになることがあります。

もちろん、大きな被害に遭ってしまった時には

許せない気持ちが前面に出ます。

しかし、そうではない場合、少し心を広く

「許そう」と思う気持ちを持つことは、とても大切なことです。

許せない、という気持ちは、相手を苦しめるのではなく、

自分を苦しめてしまいます。

許せていない間は、その出来事を思い出す度に苦しい気持ちになります。

ずっと許せないと、ずっと苦しいままになってしまいます。

許す気持ちを持てることによって、

過去のその出来事に苦しめられることが無くなります。

許せない間は、相手と同じ土俵で戦っていますが、

許せた時には、相手よりもずっと大人な自分に成長しています。

許すことは、相手のためにではなく自分のために行います。

自分が幸せになるために行います。

許せることで仕事もプライベートも人間関係も円滑になります。

許せていなかった時よりも、ずっと笑顔の多い生活になります♪

-------------------------------------------------------------------

5月23日(火) 19:30〜21:30

コーチング・心理学から学ぶ!人との関わりを楽しくする「自分の変わり方」

※残7席です

詳細はこちらをご覧ください。http://i-yuho.com/c/seminar.html

-------------------------------------------------------------------

6月10日(土)〜11日(日)

日本実務能力開発協会 認定コーチ養成講座

札幌−受付中です

詳細はこちらをご覧ください。http://i-yuho.com/c/kouza.html

-------------------------------------------------------------------

研究者として心がけるべきこと

大学院に進む前に一度立ち止まって読むべき記事。

考える時間をサボりと捉えてはいけない。

元記事

http://stearnslab.yale.edu/some-modest-advice-graduate-students

和訳

http://www7b.biglobe.ne.jp/~masaoamano/Masao_Amanos/for_future_graduate_students.html

中部北陸自然歩道(高山分岐点〜山王橋〜飛騨一宮水無神社)

ゴールデンウィーク終盤、ふらりと高山市内の

自然歩道を歩いてきました。

野麦峠方面へと続く自然歩道との分岐になる

高山分岐点を今回はスタート。高山駅に近く

観光のメインストリートにも近いため、多くの

観光客が行き交っていましたが、自然歩道は

そこから宮川に沿う形で南方向へ。

山王橋に近づくにつれ、普通の住宅街へと景色

は変化していきます。

自然歩道は国道41号線と合流し、両側に山々が

迫る中、車道沿いの歩行帯を進むことになりま

すが、コンビニが見えたあたりから再び観光客

らしき人達がちらほらと・・・。

程なくして今回ゴール予定の飛騨一宮水無神社

付近に到着。実は到着直前まで57年ぶりの式年

大祭が斎行されているのを知らず、近辺に観光

客の姿が多かったことも到着して理解出来まし

た。

偶然とは言え、次回いつ開催されるかわからない

大祭を見学出来たのは幸運でした。

画像1:千鳥町付近の自然歩道(岐阜県高山市

画像2:山王橋から宮川を眺める(岐阜県高山市

画像3:水無神社大祭の行列(岐阜県高山市

これな…

■「マリカー」事故相次ぎ、国交相が安全対策検討を表明…規制はどうあるべき?

(弁護士ドットコム - 05月17日 11:24)

広告を非表示にする

ナルコユリ ホウチャクソウ カルミア ムラサキツユクサ ユズの花

ナルコユリ (ユリ科 アマドコロ属)

なになに?、

ナルコユリの根を乾燥させたものが、生薬の「黄精(おうせい)」。

黄精は滋養強壮剤。ただし、一度に大量に用いたり、長期間連用すると副作用がある。

素人は手出しできないな・・。

ホウチャクソウ (イヌサフラン科 チゴユリ属)

似たような山野草ホウチャクソウ(宝鐸草)。若芽に有毒成分を含む。

危ないですな^^

カルミア (ツツジ科)

季節を迎え、ご近所でも、アホほど咲いてます。

好きな花です。今年の最初の撮影?

金平糖に似た花で、美味しそうに見えますが、

葉はグラヤノトキシンを含み有毒。

ツツジ躑躅)の仲間は、漢字からもわかるように「羊殺し」なわけですが、

身の周りにあまりヒツジはいないので、心配していません。

ムラサキツユクサ

Wikipedia先生によれば、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ムラサキツユクサ属(むらさきつゆくさぞく、学名:Tradescantia)とはツユクサ科の属の1つで、75種が認められる。別名はトラデスカンティア属。多年生の草本で、原産はカナダ南部からアルゼンチン北部にかけての新大陸で、西インド諸島にも分布する。17世紀にヨーロッパに園芸植物として伝わり、現在では世界各地で見ることができ、野生化していることもある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは有毒ではなさそうです。昔はあまり見なかったわけですが、

いまやいたるところで見かけます。反対に、ふつうのツユクサ

どこかに消えてしまったような気がしています。

◆ユズ(柚子)の花

柚子の花は、ま、ミカンの仲間ですので、

花の段階から、いい〜香りでございます。

意識しないでも、甘い匂いが漂ってきます。

季節の花々をいくつか載せてみました。

まだまだ、地味な花々が咲いています。

おいおい、載せてまいります^^

☆撮影美:2017年5月15日(月)・・・東京都墨田区向島百花園