18940918 NO932 戦地状況通告の要望

18940918 NO932 戦地状況通告の要望

http://db.history.go.kr/item/level.do?sort=levelId&dir=ASC&start=1&limit=20&page=1&setId=-1&prevPage=0&prevLimit=&itemId=jh&types=&synonym=off&chinessChar=on&levelId=jh_003_0070_0200&position=-1

駐韓日本公使館記録 3巻 七. 和文電報往復とも (20) [戦地状況通告の要望 ]

文書題目 (20) [戦地状況通告の要望]

文書番号

発信者 室田 *室田 義文(むろた よしあや 1892-94 釜山総領事)

同 午後二時四十分 接 ( 1894年 09月 18日 )

受信者 杉村 *杉村濬臨・臨時代理公使

(20) [戦地状況 ]

同 午後二時四十分 接

杉村

室田

戦地の模樣その後分かった分と知らせて頂きたい

*参考 室田 義文の京釜鉄道建設のための線路踏査

「1892年4月帰国中の釜山駐在総領事室田義文が、その前年に韓国の現地事情を視察した参謀次長川上操六の意を受け外務大臣榎本武揚に提議し、いつか必ず京釜鉄道建設の時期が来るから予め京城−釜山間の線路踏査をして置く必要を説いて大臣の了解を得た」

http://ktymtskz.my.coocan.jp/agia/coria.htm