20170318

n を 0 以上の自然数とし, (n+1)次元空間に n次元超球面 X_{1} とn次元超球面 X_{2} があり, r_{1] を X_{1} の半径とし, r_{2} を X_{2} の半径とする.

r_{1}>r_{2} ならば, X_{1} の内側に X_{2} の中心があり, X_{2} の外側に X_{1} の中心があるようにできる.

r_{1}≦r_{2} ならば, その位置関係にはできない.

広告を非表示にする