秘技!アンダー対策

人は誰にも隠しておきたい秘密が有る

*以下は個人の感想です

先月の月例で極度のアンダーステアーに見舞われて全くレースにならなかった

それどころか、曲らないシケインとなるので早々にリタイアした

帰路、ラジオもつけずにひたすら原因を考えてたどり着いた先は.....

プロポだ!!

分かる人はわかるがわからない人はわからないだろう〜

最初の写真

スタート時のプロポと指の写真、まあ普通はみんなこんな感じでしょうね

真ん中の写真

時間の経過とともにプロポが「寝てくる」

徐々に直立から80度、60度、30度、最後は水平になる

試しにやってみるとわかると思うが、水平になるとステアリングの指を動かす筋肉の作動範囲が狭まって特に右にはほとんど回せない

感覚的にはいっぱい右に切っているが実際は角度でいうと5度くらいしか切っていない

ので、アンダーが強くなる!と言うよりは単純にステアリングが切れていない!!

確か以前も同じ問題は有った

頭からの信号は「右いっぱい」と出て指先も「OK、右いっぱい」と動いているつもりだがフィジカル的には思った目いっぱいの10%くらいしか動いていない

でも脳は動いていると信じて車が何か異常が起きて曲らない、と判断する

最後の写真

究極のアンダー対策はプロポを「ストラップ」で「首からつる」

こうするとプロポは倒れようとするがストラップがピンと張るのでそれ以上は倒れることは無い!

従ってアンダーステアーにはならないので有る!

大変恥ずかしい対策なので次回、見ても笑わないでくださいね〜

アンダーさえ出なければ普通に走れるぞ〜