怪奇現象その後

今のところ落ち着いてます。

何もないです。

「うち墓」といって、旦那のご先祖さんの墓が

山の斜面に作られてて、上に木が倒れかけてて

危ない状態でいたので、

自宅の前の土地に移したのが去年だった。

それからほったらかしで、手を合わせたり

お線香も上げずにいたので

お供え物して供養した。

それから何もないので、もしかしたら

ご先祖さんが怒ってたかもしれない。

ポルターガイストにならないでください」と祈った。

友達こごみさんのおすすめの

佐藤愛子さんの著書「私の遺書」もアマゾンでゲットして読んでる。

うちはラップ音がないだけましだが、

相当苦労してらっしゃる。

アイヌと狐の霊が家にとりついてるみたいで、

こういうこと全部信じないといけないのかと思うと

正直半信半疑だ。

霊の存在とか、霊媒師とか、あの世の存在とか・・・

一日一日生きていくだけで、精一杯です。

どうか平穏無事に暮らせますように。

そうご先祖さんに祈りながら。

日々過ごしていきます。

広告を非表示にする