劣等感に苛まれてます

【劣等感に苛まれてます】

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である。」(高野悦子二十歳の原点』より)という言葉が頭の中で渦巻いてます。

劣等感に苛まれてます。

他人と比較しないこと、これは「神を信じよ」同様、ワテには無理難題です。

実存。