3月28日・雑感

1つ目

稀勢の里、奇跡の連覇で涙!手負いの新横綱を支えた「百折不撓」の精神

http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20170326-OHT1T50340.html

各界から賞賛の嵐だし、それに値するだけの偉業ではあるのだけれども、小学生くらいの子が「怪我をしても頑張ればやり抜けるということが分かった」と言っているのを見て、少し危うい風潮かなという気になった。強行出場するのも勇気なら、負傷欠場するのも勇気なのだけれども、少年にそれが伝わっているのかなと。

2つ目

スキー場付近で雪崩 高校生ら8人心肺停止 40人けが

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170327/k10010926411000.html

「経験豊かな講師が付いていて 何故無理に決行したのか」みたいに言われているけれど、登山歴何十年という人が 春山に登って雪崩で死亡という事故は幾らでもある話。むしろ、経験が豊かな分だけ、「慣れ」から危機に鈍感になってしまうこともあるのではないか。

広告を非表示にする