【質問】 フッサールって何?(下書き)

 【質問 krds】

 フッサールって何?

Mi az huszr?

 【回答 vlasz】

1)

 エトムント・グスタフ・アルブレヒトフッサール Edmund Gustav Albrecht Husserl(1859〜1938)は,オーストリアの哲学者,数学者.

 現象学という考え方を提示した.

2)

 フサール(英語名:フッサール) は,ハンガリーの騎兵に由来する兵科.

A huszr(angolul hussar) magyar eredet knnylovassgi fegyvernem katonja.

 現象学的思考の特質は,あらゆる先入見を排し,意識に直接現われたもの,直観されたものに対し,内在としての絶対性を認める点にある.

 例えば目の前にある「机」や「コップ」などの物について考える場合,それらが客観的に実在するかどうかは決してわからないので,実在するという先入見を捨ててみる.

 この場合,「机」や「コップ」が意識に現われていること,それらが見えていること自体は絶対に確かなことだとわかるだろう.

 このように,普段,私たちは事物の実在性を素朴に確信している.

 この確信がなぜ成り立っているのか,その条件を取り出す作業のことを,フッサールは「超越論的還元」と呼んでいる.

 1389年のコソボの戦いで敗北し,ハンガリーに逃れたセルビア人貴族が,フサールの起源であるといわれている.

 その後,マーチャーシュ王の時代に,彼らはフサール騎兵隊として編成された.

 マーチャーシュ王は20人あたり1人の騎兵を出すよう要求したことから,「20分の1 egy huszadik 」がフサールの語源となったという.

 当時のフサールは,防具の不足のため,重装騎兵と異なり非対称の盾だけが防具である軽騎兵だった.

 しかし彼らは,マーチャーシュ王時代,オスマン帝国の精鋭騎兵と互角に戦い,その勇猛さを内外に知らしめた.

 この場合,フサールが意識に現われていること,それらが勇猛であること自体は絶対に確かなことだとわかるだろう.

 しかし王の死後,オスマン帝国の圧力に押される形で,フサールの多くは傭兵としてオーストリアなどの周辺の国へ散らばっていった.

 近世になると,フッサールのような軽騎兵が斥候,偵察,追撃,強襲において優れた兵科であると分かり,西欧では軽騎兵を正規の兵科として自前で編成するようになった.

 軽騎兵が優れているとする確信がなぜ成り立っているのか,その条件を取り出す作業があったろうことは想像に難くない.

 特にハプスブルク配下の本家フサールは,勇猛果敢として周辺国から恐れられた.

 一方,フランスのユサールよりも規律と組織性において劣るという評価だったが,そうした欠点にもかかわらず,フサールは多くの勝利に貢献した.

 この頃,彼らの武器は,パイクと剣からサーベルカービン銃に替わっていた.

 兵器の発達により,騎兵自体が時代遅れとなりつつもも,偵察任務には依然として適した部隊だった.

 第一次大戦でも,特に東部戦線では,敵後方に侵入しての偵察任務に投入され,時として大きな犠牲を払いながら,戦闘の潮目を変えることに貢献した.

 第一次大戦後,ハンガリーハプスブルク帝国から独立すると,トリアノン条約による軍備制限を受けたが,1922年,2個騎兵旅団が編成される.

 第二次大戦では,この騎兵旅団は快速軍団の中に配備され,東部戦線にも出征したが,戦車性能の向上著しいこの戦争では,騎兵が第一線に立つのは厳しくなった.

 1942年,第1騎兵師団として独立.

 1944年,第1フッサール師団と改組されたが,主力は馬ではなく戦車だった.

 1945年,残存部隊は,一部はオーストリアにて米軍に降伏,その他はソ連軍に降伏した.

 【参考ページ Referencia Oldal】

http://yamatake.chu.jp/03phi/1phi_a/1.html

http://ncode.syosetu.com/n2432bk/27/

http://xwablog.exblog.jp/d2009-03-18/

http://history.stackexchange.com/questions/4368/why-were-there-hussars-all-across-europe

http://napoleonistyka.atspace.com/Austrian_cavalry.htm

http://www.twcenter.net/forums/showthread.php?237826-History-The-Hungarian-Hussar-%96-A-Magyar-Husz%E1r

http://myweb.tiscali.co.uk/matthaywood/main/Hungarian_Composition.htm

https://weaponsandwarfare.com/2012/07/22/hungarian-army-1848-49/

http://www.niehorster.org/015_hungary/oob/div_cav.html

http://www.axishistory.com/various/80-hungary-army/hungary-army-divisions/1885-1-huszar-division-hungary

左写真:マーチャーシュ王時代のフサール

右写真:ハプスブルク時代のフサール