コンビニが出店できないわけ

大学時代、一人千早赤阪村から通ってる奴いたなぁ・・・。

CBX400乗ってたことだけは覚えてるけど。

そいや先日高野線に乗って橋本まで行ってきたけど、どこかの駅が千早赤阪村にあったりするんだよね。すぐに思い出せないけど

もし誰かが思い付きで「千早赤坂村にコンビニを出店したい」と言い出したとしよう。

が、本部は却下する。

理由は配送が「陸の孤島化するから」にほかならない。

つまり「陸の孤島のコンビニ一軒のために」配送に無駄な時間と経費を使うことになるから積極的じゃないわけですね。

コンビニ出店の基準は、売れる地域に複数店舗を設置して集約的な利益を狙う「ドミナント出店」という戦略が基本。 コンビニ本部としては利益上がってウハウハだけど、オーナーにしてみれば「利益の共食い」ですよ(笑) たまったもんじゃないですよね。

しかもコンビニチェーンの社員として身分保障されているのならいざ知らず、独立店主扱いだから、労働基準法の適用も受けないブラック企業状態。

で、契約でがんじがらめにされていて、辞める自由さえない(契約更新のタイミングくらいか? それ以外だと違約金も発生するし、辞めるにしても最初に投じた資本(数百万円)が無駄になるし・・・)というわけで、まさに21世紀の「水呑み百姓」「ドン(呑)百姓」「小作人」ですよ。

実態は哀れです・・・

---------------------------------------------------------------------------------

「コンビニほしい」村民が悲願