4月25日 「海街Diary」見る

本日は、ずっと録画したのに、見れなかった昨年の評判の邦画を見ました。

カンヌでコンペティションで上映されているだけでなく、日本アカデミー賞も最優秀作品賞を取った映画なのですが。

どうしても見る気になれずに、見れなかったのが。ようやく見たのですが。

大変、良く出来ている映画です。

物語は、4人姉妹のそれぞれの違うキャラクターとそれぞれのドラマを人生の一大事として描きながら、親子愛や悲しみと人間愛に溢れている映画で、宜しいのですが。

好きになれないのは、女の人4人の生活を映画を通してみるのは、どうしても人の生活を覗いているような恥かしさを感じてしまうからです。

4人の美人姉妹のプライベートを見ている気がして、こっちまで何故か照れてしまい、見るのが恥ずかしくなってしまうのです。

4人姉妹が、殺人事件に巻き込まれたり、巨悪と戦う話だったり、SFだったりすれば、堂々と見れるのですが。何故か良く出来ている映画なのですが、正視できませんでした。

映画としては、また見たいとは思わないですが。良く出来てます。

まだ見てない方は、感想なども含めて聞きたいので、是非、見てほしいと思いました。