追悼・曽根幸明さん

     

ペギー葉山さんに続いて、4月20日に曽根幸明さんの訃報に接しました。

曽根さんの作品の中には「座頭市子守唄」があり、彼が勝ちゃんと仲良くしていたことはよく知ら

れていたことです。私にも思い出話があり、拙著「スタアのいた季節」にも書きましたが、改めて

披露させていただきます。

大映当時、私は主要上映館で「本郷功次郎まつり」を、彼の歌とおしゃべりをメインに、叶順子、

三田村元らも参加させて行いました。

その日は田川市北九州市で開催、田川市を終えて車で北九州に向かったのですが、途中で

激しい渋滞につかまり、予定の時間にどうしても到着出来ない状態。今と違って携帯電話もな

い時代です、もう仕方がないと成り行きに任せましたが、北九州の小倉大映には地元キャバレ

ーのバンドがスタンバイしている筈だし、満員のお客が怒っているだろうとあれこれ考えながら

1時間近く遅れてやっと到着。

覚悟を決めて舞台そでに駆けつけたら、舞台から聞こえてくるのはバンド演奏にのった誰かの

歌声、それが藤田功(後の曽根幸明)さんだったのです。

歌が終わると軽妙なおしゃべり。観客は我々の遅刻を怒るどころか楽しんでいたのです。彼はち

ょうどバンドが所属しているキャバレーに出演していて、「本郷功次郎まつり」があると聞きバン

マンと一緒に遊びにきていて、このピンチを自ら買って出て我々を助けてくれたのです。

深々と頭を下げる私たちに彼は「大映のピンチだもの、応援は当然だよ」とこともなげに言ってく

れました。その晩に我々がキャバレーに伺ったのは当然ですが、素敵な時代でした。曽根幸明

さんのご冥福を心からお祈りします。合掌