間寛平 木登りで落下し肋骨、鎖骨を骨折で全治1カ月「猿も木から落ちる」

 お笑いタレントの間寛平(67)が1日、「木から転落しケガををしてしまいました」とツイッターで報告した。所属事務所によると、4月30日、ツイキャスの動画生配信中に、木に登ったが、4〜5メートルの高さから転落。すぐに救急搬送され、大阪市内の病院に入院した。左鎖骨を骨折、肋骨も複数本骨折しており、全治1カ月の重傷という。

 約2週間の入院、安静が必要とされており、舞台やテレビなどの仕事も当面キャンセルする。なお、転落の瞬間が映った当該動画は削除された。

 寛平は4月30日、兵庫県宝塚市内で「寛平埋蔵樹 木のぼりトレジャーハンター」というツイッターでヒントを流し、その場所を探すイベントを動画を生配信しながら行っていたが、その最中に、登っていた木から落下した。

 1日にツイッターを更新し、「皆さん、すいません。昨日の木のぼりツイキャスの際、木から転落しケガをしてしまいました。その影響で、お仕事も少しの期間お休みさせて頂きます」と報告。「関係者の皆様、ファンの皆様、ご迷惑、ご心配をおかけし申し訳ございません。猿も木から落ちた!皆さん、木登りには十分気を付けて下さいね」と注意を呼びかけた。

 イベント中に落下したとあって「うわー落ちた!」「危なー」とコメントが続々。さらに「30分でみつけたんですけど、其のときには救急車で運ばれていきました」と、現場の様子をファンがツイートしていた。

 3日から東京・ルミネtheよしもとなどに出演予定だったが、休演するほか、今月上旬のMBS痛快!明石家電視台」、読売テレビ大阪ほんわかテレビ」などの収録は出演を中止する。カンテレ「おかべろ」の5月分の収録は全て終わっており、影響は少ないと見られる。

 寛平は吉本新喜劇では猿の形態模写で、池乃めだか演じる猫と大げんかして木や屋根に登るパフォーマンスで人気者に。お笑い界からの引退を問われた時も「木に登らんとイライラする」とコメントするなど“木登り”との縁は深い。