【ミリタリ系】サムライエッジVSP226

昨日まで色々とレビューしてきましたが、サムライエッジと他の銃を並べて射撃性能を比べていないので、今回は愛用のP226との比較を。

とは言っても、アタシのP226は結構カスタムされているので、市販箱出しでは無いという事をご了承くださいと。

さて、ではまずはP226のカスタム内容を。

バルブ→ライラクス ハイバレットバルブ

マガジン用パッキン→ライラクス シールパッキン

インナーバレル→ライラクス ハイキャパ5.1用112.5×6.03mmバレル

と、なっております。 

この時点で、ソースの強化及び安定性向上に加え、バレルも延長されております。

そういう意味では、「命中精度」や「飛距離」、「初速」が全部上がっていると言っても過言ではないので、かなり不利な話で。

そこも踏まえたうえでの話で進めていこうと思います。

で、実射。

まず、サムライエッジとP226の撃ち比べで思ったこと。

ブロウバックの重心バランスの変化が、サムライエッジの方が暴れる感じ。

P226は素直に後ろに下がる感じなんですけど、サムライエッジは若干銃口が跳ね上がる感じがありますね。

今回はサイレンサーを付けなかったので、つければもしかしたらもう少し安定するのかもしれませんが。

サイティングに関しては、両方とも3ドットタイプのサイトシステムなのですが、精密な射撃に関しては、P226の方がどういうわけか、サイティングしやすいイメージがありました。

サムライエッジの方が、サイトが少し大きいのかもしれません。

逆に、大まかに狙うのであれば、サムライエッジの方が楽に狙える感じがありました。

見た目の重厚さからわかる通りではありますが、サムライエッジの方が重量があるため、片手撃ちは少しやり辛い感じがあります。

しっかりと両手でホールドして撃った方が、安定しそうですね。

アクセサリーとして色々あるわけですし、最初から両手持ちの銃のつもりで考えれば色々つけることに抵抗は無くなるかとも思います。

ただし、あくまで今回は「箱出しVSカスタム銃」になってしまっているので、サムライエッジをそれなりにカスタムしたらどう化けるのか、それも今後の課題になりそうですね。