その7.

 デプレシャンの新作にも関心がむく。仏蘭西映画に傾倒してるけれど、常磐貴子目的で録画していた「旅するフランス語」が、本来の語学練習として役に立つときがきた。

  オノレに関心がむく。アメリカがクシャミすりゃー風邪ひくジャポンゆえに、アメリカで流行らなくなるといきなり日本公開作品もヘロっちゃうけれど、どれも個性ある。様々なタイプをやるから、このヒトなんだかソダーバーグみたいにも見えてくる。

広告を非表示にする