読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

m

愛と平和の祈り合わせの時』

日本列島の真下は現在、今にも大きく大地を唸らせようとしています。

日本の中でも今とても大切にしなければならない地の一つが

「日本のへそ」と言われる諏訪湖です。

日本のへそとは、日本列島を二分する程のパワーを持っています。

もしも、日本が海底に沈む時が来るならば、それは「諏訪湖から」と言われている程です。

諏訪湖、一大事という言葉がありますが、

今がまさにその時であるということを肝に命じなければなりません。

諏訪湖の湖底には糸魚川静岡構造線という大断層が走っています。

フォッサマグナと呼ばれる地帯の西の境界線がこのラインです。

諏訪湖と共に注目しなければならないのが琵琶湖です。

諏訪湖と琵琶湖は、ある意味繋がっています。

諏訪湖は大地の底から噴き出さんばかりの「火」の力を。

琵琶湖は「水」の力を。

火と、水が統り合わさり、『火水・カミ』となる。その「火」の諏訪湖

今から7月までは注目視しています。

今回は、ネイティブアメリカンの血と諏訪の血を引く、『ムーンドラゴン』こと、

諏訪 瞳さんと、シャンタンさんが繋がり、祈り合わせの時を

諏訪湖にて緊急に行う運びとなりました。

地球(子宮)の深部へと祈りを届けるためのツールとして、太鼓の音を使います。

インディアンドラムのパワフルな波動と響きと共に、

多くの方の愛と平和の祈りを、この諏訪湖より広げたいと思います

今、皆さんの愛が必要です。この祈り合わせの時にご一緒してくださる方は、

次の場所にお集まりください。

◆ 5月27日(土) 11:00

◆長野県上諏訪駅より、徒歩10分、諏訪湖の遊覧船乗り場前にお集まりください。