アヒージョ

 昨日の母の日のお伴は、主人の用意してくれたビールや白ワインなどを飲みながら。

 夕食はアヒージョを作りました。美味しくてつい沢山食べてしまいました。

やはりオイルは胃が重くなりますね、食べ過ぎ注意です(笑)。

 (アヒージョの画像はネットからお借りしたものです)

 アヒージョはスペイン語で、「ニンニク風味」を表す言葉で、スペイン料理のタパス(小皿料理)の一種です。

 作り方はいたって簡単。

 みじん切りしたにんにく、塩、鷹の爪を、オリーブオイルに入れて、弱火にかけて好きな具材を入れるだけ!。子どもがいるので、鷹の爪は抜いて作ります。

 

 具材はエビや野菜、キノコなどお好きな具材で楽しめます。昨日はちなみにエビ、アサリ、エリンギ、野菜でした。

 これにスライスして焼いたバゲットをつけて食べます。好評で、フランスパン1本終わってしまいました。

 スペインは子どもが生まれる前に一度、主人と出かけたことがあります。ツアーではなく、ホテルはネットで検索したところを予約。生ハムが置いてあり、自分でカットして食べることができるいいホテルでした!

 スペインは魚介類がとても美味しく、またいつか行きたいねなんて話ながら夕食を楽しみました。

 「母の日」、どなたかのブログで、母にして貰えたことがありがたいという文章を読みました。

そうだなあと思い、私も母親にして貰えたことを、こっそり家族に感謝しながらの夕べでした。

 夕食を食べながら、次回はパエリアを作ることになりました。長女が小さい頃に作ったのですが、あまりに不評で(笑)、それ以来作っていませんでした。今度は美味しさをわかってくれるようになっていることを期待して作ります!

 

広告を非表示にする