読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナルコユリ ホウチャクソウ カルミア ムラサキツユクサ ユズの花

ナルコユリ (ユリ科 アマドコロ属)

なになに?、

ナルコユリの根を乾燥させたものが、生薬の「黄精(おうせい)」。

黄精は滋養強壮剤。ただし、一度に大量に用いたり、長期間連用すると副作用がある。

素人は手出しできないな・・。

ホウチャクソウ (イヌサフラン科 チゴユリ属)

似たような山野草ホウチャクソウ(宝鐸草)。若芽に有毒成分を含む。

危ないですな^^

カルミア (ツツジ科)

季節を迎え、ご近所でも、アホほど咲いてます。

好きな花です。今年の最初の撮影?

金平糖に似た花で、美味しそうに見えますが、

葉はグラヤノトキシンを含み有毒。

ツツジ躑躅)の仲間は、漢字からもわかるように「羊殺し」なわけですが、

身の周りにあまりヒツジはいないので、心配していません。

ムラサキツユクサ

Wikipedia先生によれば、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ムラサキツユクサ属(むらさきつゆくさぞく、学名:Tradescantia)とはツユクサ科の属の1つで、75種が認められる。別名はトラデスカンティア属。多年生の草本で、原産はカナダ南部からアルゼンチン北部にかけての新大陸で、西インド諸島にも分布する。17世紀にヨーロッパに園芸植物として伝わり、現在では世界各地で見ることができ、野生化していることもある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは有毒ではなさそうです。昔はあまり見なかったわけですが、

いまやいたるところで見かけます。反対に、ふつうのツユクサ

どこかに消えてしまったような気がしています。

◆ユズ(柚子)の花

柚子の花は、ま、ミカンの仲間ですので、

花の段階から、いい〜香りでございます。

意識しないでも、甘い匂いが漂ってきます。

季節の花々をいくつか載せてみました。

まだまだ、地味な花々が咲いています。

おいおい、載せてまいります^^

☆撮影美:2017年5月15日(月)・・・東京都墨田区向島百花園