読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠蔽された史実!

「反ファシズムソ連侵略主義!

http://m.youtube.com/watch?v=VD9JOUK_LAs&sns=gr

「一部の地域,とくにバルト諸国では“ユダヤ人の問題”はすでに一九三九年以降解決されていた.ドイツ側の報告によると,一九四○年にソ連リトアニアに侵入した二日後,すべてのその土地の実業家は

「きれいにしてやるから」

午前七時に通りに出るよう命令された」

「するとロシア軍は彼らを機関銃でなぎ倒し,他方ユダヤ人だといわれる人民委員たちが彼らの商売を取り上げて国有化してしまった」

「-だが,ヒトラーが一九四一年一一月三○日にユダヤ人の“抹殺”を行なってはならないと命令した動かしがたい証拠がある」(デウ゛ィッド・アーウ゛ィング「ヒトラーの戦争」ハヤカワ文庫)

ユダヤ人ボリシェウ゛ィキは,彼らのイデオロギーの棲み家を革命的普遍主義のなかに見出した」

「これらのユダヤ人は,居住制限地域のユダヤ人の限定された社会的,宗教的,文化的生活から,全く故意に,そして意識的に,絶縁し,ユダヤ人の社会主義者シオニストの世俗的文化を攻撃した」

ユダヤの宗教儀式への迫害は,ユダヤ社会民主主義者の党であり,一九ニ一年には共産党に合同したブントに委ねられた.ブントの党員は,ボリシェウ゛ィキと同じように宗教を軽蔑しており,シオニズムをとりわけひどく嫌っていた」

「彼らは,ユダヤ性からの逃避を共産主義のなかにみた背教者であった」

トロツキーは「ユダヤ人の訪問団が同胞ユダヤ人の援助を訴えたとき,彼は「私はユダヤ人ではなく,インターナショナリストだ」と,怒って応答した」

「もう一人のユダヤ共産主義者カール・ラデックは,ドイツ人ジャーナリストに,あらゆるユダヤ人を「絶滅」したいと,打ち明けていた」(リチャード・パイプス「ロシア革命史」成文社)

「「レーニンの息子たち」のうちの約二○名を引き連れて,サムエリ・ティボルはハンガリー赤軍によって占領された最初の町ソルノクに行き,民族的観点からも(ルーマニア政権はボリシェウ゛ィズムに反対していた)敵と見なされるルーマニア人との協力のかどで非難さるべき名士を数多く処刑させた」

「クーン・ベラは,食糧補給にやってきた五○○○名のポーランドユダヤ人を一網打尽にさせた.彼らの財産は没収され,彼らは追放された」(ステファヌ・クルトワ,他「共産主義黒書-コミンテルン・アジア篇」恵雅堂出版)

ミシシッピ大学の地下から約7000もの遺体が発見 調査費に3億円以上