素敵・ワン!

基(モトイ)ッ!

「ステーキ 1 ワン!」へ行って来ました。

ステーキ&ハンバーグ専門店です。

ボクは「ランプ肉240g(¥1,580(税別))」をいただきました。

コラ、コラ!

「トランプ」(you’re fired! (オマエハクビダ!)) じゃありませんよ!

「ランプ」です。(笑) 柔らかい赤身肉で、味に深みのある部位です。

サラダバーもドリンクバー(ホット&コールド)もあります。

フルーツやデザートのほか、カレーもパンケーキもありました。(歓)

ステーキ以外は『食・放』って訳です。

○○バーが別料金制でなかったのが、更にオヤジ心をクスグリます。

(ドリンクバーは確か\100増しだったかな?)

お小遣いの少ない中年(オジサン)には、助かりますゎ。(笑)

こんな夢の国ようなステーキ専門店を、ボク的に

「ステーキ・ランド」若しくは「ステーキ・シー」と呼びたいです。あっ!

「ステーキ・スタジオ・ジャパン(S.S.J)」もアリ!です。(笑)

こんな素敵(ステーキ)なお店ですが、同店は新潟市内で最近店舗が減少傾向のようです。

コレも皆「不況」と言う悪質な伝染病のせいなんでしょうね・・・。

感染力の強いウィルスですことぉ・・・。

この「不況」と言うやっかいな病気は、これまでの治療法では、いたずらに時間だが経過するのみで、かえって犠牲者(感染者)が増えるばかりです・・・。

しかし「マイナス金利」と言う「抗ウィルス剤」は効いているのでしょうか?

名医(政府)は、人体(経済)に存在する「自然治癒力」の覚醒をまっている様ですけど・・・。

偉そうにして結局「他力本願」って事ですよね・・・。

おっと、すみません。話が脱線してしまいました・・・。失敬!!

サリーズ・ダイナーで、まったりと男時間(メンズ・タイム)を過ごしたのですが、久ぶりに会話するオジサン2人は、既に中学生の男子生徒のように食欲(「色」の方ではありません )が治まりませんでした。

そんで・・・

昭和生まれは、やっぱり「肉食系男子!」です。

朝も、昼も、夜も!(あぁ〜)です。

「ワシが男塾塾長!江田島 平八であ〜るっ!」(by「魁!男塾」より引用)

って感じで、お昼もハンバーグでしたが、夜もお肉!へと至った訳です・・・。

「食うよねぇ〜!」。

そして新潟の夜に、オジサン2人のテンションは徐々に深けて(老けて)行ったのでした・・・。(笑)

「んじゃ、次またどこ行くぅ(喰ぅ)〜!!」

<過去の日記>です。↓

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1930950463&owner_id=6542988

to be continued・・・

広告を非表示にする