福島のユースホステル再訪

今更ですが、GWの旅行記です。

3年ほど前に訪れた福島のユースホステルを再訪しました。

その時は、南相馬津波被災地に植樹するイベントに参加した際に泊まったのですが、

近くには放射能を除染した土の袋が積み上げられ、また、雨が降ると野菜が放射能汚染の

許容度を超えて出荷できなくなるといった状況にありました。

今はもう野菜の汚染は心配ないそうですが、除染土の袋はまだ積み上げられたままです。

写真のおかあさんはユースホステルの名物ペアレントですが、前を流れる小川の対岸に

汚染土の袋がずらりと並んでます。

ユースホステルは以前のままで、おかあさんも92歳の今も変わらずお元気で安心しました。

しかし原発被災の傷跡は未だ消えてはいません。