深山の桜(神家正成)

2015年3月刊行。

場面は南スーダン自衛隊宿営地。

頻発する盗難事件と指揮官に届いた警告メールの犯人探しを、

定年間近の准尉と若い士長が調査する。

安全保障に関わる問題を具体的に描き、読者にも考えさせる。

「あれを見よ 深山の桜 咲きにけり 真心尽くせ 人知らずとも」

この歌が自衛隊員の矜持としている。