どっちがお得?朝型?夜型?

丸岡満美のメッセージを

直接にあなたに無料お届け

あなたの世界観を

形にし仕組化する

コーチン

ブランディングれっすん

10年先もぶれない

セルフブランディング

登録申し込みはこちらから

こんにちは。丸岡満美です。

本日は突然に

質問からスタートです

あなたは

朝型ですか??

夜型ですか??

これってけっこう

その人となりを知る時の

定番の質問の一つですよね?

血液型は何ですか?

の次に来る感じで。。。()

そしてまた一般的に

朝型人間はストイックで

夜型人間はルーズ。。。

といったイメージがあります。

と言っても

夜に働いてもらわないと

世の中が立ち行かなくなる

職業もたくさんあるわけで。。。

朝型と夜型と

双方にいてもらわないと

困りますよねーー。

ただ。。。やはり。。。

朝型人間のほうが

いわゆる豊かさ度は高い!

と調査結果では

出ちゃっているようです。

雑誌PRESIDENTが4年前に

実施した500人リサーチでは

こんな数値を発表していました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

年収400万の人の中で朝型は3割。

年収900万では5割。

年収1400万では6割。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり年収が高くなるほど

朝型人間が

占める割合が高くなる。。。

言い換えると〜

朝型でいるほうが

たくさんの年収を得られる可能性が高い!

。。。ということになります。

もちろん収入の数値が

イコール人生の豊かさではありませんが

大きなバロメーターであることは

確かですよね

では。。。

どうして朝型が有利なのでしょう??

これはもう

私たち人類の身体のシステムで

決まっているようですよ

脳科学的にはやはり

睡眠から目覚めた直後が

脳の働きがダンゼンに冴える!

ということらしいです。

私たちの脳内の

海馬というところは

睡眠中に記憶の整理をしてくれます。

1日に起こった様な事象を

残すもの、残さないものと分別するんです。

残すものは記憶倉庫へと送り出し

残さないものははい消去!

こうしてまた新しい1日のために

空き容量を作ってくれるわけですね。

なので目覚めた直後は

脳内のデータ量が軽くなって

サクサク作業が進むわけです。

また雑多な情報で混乱する前の

澄み切った脳内の環境は

潜在意識とも

つながりやすくなっています。

いろいろなインスピレーションも

自身の奥底から

取り出しやすくなっているんです。

。。。とここまで話すと

よく私が講師を務める学校の

若い人たちはこんなことを言います。

だったら、ずーっと

昼間に睡眠を取って

夜に目覚めても

脳内の状況は

一緒じゃないですかー?!

違うんだなー。それが()

確かにお昼の仮眠後に

頭がスッキリしたりするんで

昼睡眠における

睡眠直後の法則は一緒なんですが。。。

私たち人類にはさらに

太陽の光とリンクした

体内時計の法則があるんです。

朝日を浴びると目がさめる。。。

とはよく言われますよね。

これは朝の光を視床下部に入れて

睡眠の予約タイマーを

オンにすることです。

言い換えると

その予約時間が来るまでは

眠たくならない!ということなんです。

規則正しく

体内時計がセットされることで

効率良く身体と脳が

働いてくれるーというわけなんですね。

。。。とまたここで

若者たちは

こんな理屈を言ってきます

朝日じゃなくて

夕日でもいいじゃないですかー

確かに。

夜に強い光を浴びると

脳が勘違いして

寝つきが悪くなることはあります。

でも。。。

朝日と夕日は光の質が違います。

上る太陽と沈む太陽と

確かに斜めから差し込んで来る

光の角度は一緒なのですが。。。

朝夕では

大気中の浮遊物の量が全く違います。

当然に夕方のほうが

浮遊物が多いです。

水蒸気の量も違います。

やはり夕方の方が多いのです。

結果夕日は乱反射が起こり

光の色も赤みを帯びるんですね。

太古の時代から

朝日と夕日を知っている人間は

そこのところを

きちんと判断する能力を備えているようですよ

ということで〜〜

予想通りの答えですみません。。。

やっぱり朝型がお得かも。です。

(。)

私たち人類の

DNAに刻まれているルールに

素直に従いましょう。

本来に持っているシステムを

上手く活かすことが

ブランディングの基本です

丸岡満美のメッセージを

直接にあなたに無料お届け

あなたの世界観を

形にし仕組化する

コーチン

ブランディングれっすん

10年先もぶれない

セルフブランディング

登録申し込みはこちらから