「加計学園」問題巡り蔵内獣医師会長に聞く あの手この手で根回しあった - 西日本新聞

日本獣医師会が「日本の獣医学はレベルが低くて、国際水神に立ち遅れている」と認めているのだから、そっちを突っ込めばいいのに、なぜか「獣医は足りている」ばかり。

低レベルの獣医は足りているようですが、「レベルの高い獣医は足りている」のでしょうかね?

「「加計学園」問題巡り蔵内獣医師会長に聞く あの手この手で根回しあった - 西日本新聞

日本獣医師会の蔵内勇夫会長は西日本新聞とのインタビューで、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設に向け「あの手この手で根回しみたいなこともあった」と証言した。主なやりとりは次の通り。

 −獣医師は不足しているのか。

 「全体として充足しているし、将来的な需要も増えない。最もいい例は犬。日本で1千万頭くらい飼われているが、15年後には600万〜700万頭に減るといわれている。開業獣医師の大半はペットを診察している。犬が減るのに獣医師を増やしてどうするのか」

 −学部新設は獣医師の都市部偏在を変えることにならないか。

 「国家資格を取って、処遇の悪い場所で働くはずはない。偏在解消を図るなら、まず獣医師の処遇改善を行うべきだ」

 −昨年11月に決定した「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を認める」との政府方針により、事実上加計学園に事業者が絞られたとの指摘がある。安倍晋三首相は国会で「獣医師会の意見に配慮した」と答弁したが。

 「規制緩和が決まった後は、確かに『1校にして』とお願いした。新設を回避できないなら、せめて1校に限るべきだと思ったからだ。しかし、それ以前はそもそも新設に反対で、要望したことはない」

(略)

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/340056/

「国家戦略特区による獣医学部の新設に係る日本獣医師会の考え方について 」

なお、わが国の獣医師養成に関する経緯と課題は、次のとおりです。

○ 獣医学は、第二次世界大戦後の抜本的学制改革の際、GHQから医学・歯学と同様に 6 年教育を勧告されましたが、諸事情により実施が遅れ、日本学術会議の勧告に基づき 1977 年に獣医師法等が改正され、漸く獣医学の 6 年制教育がスタートしました。

○ 欧州諸国の獣医系大学は 4~8 校程度で最も多いイタリアでも 13 校にすぎませんが、わが国には既に 16 校(国立 10 校、公立 1 校、私立 5 校)もあります。

さらに、そのうち獣医学部は 5 校程度で多くは農学部等の獣医学科であり、6 年制教育の目的であった臨床・応用獣医学等の実務教育充実の裏付けとなる教員数、講座数、施設・設備等の増設は極めて不十分なまま今日に至っています。

○ また、わが国の獣医学教育は、欧米に比べ、伝統的に基礎獣医学に重点が置かれていますが、獣医臨床などの実務教育が弱く、残念ながら、国際水準に立ち遅れているのが現状です。

(略)

https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/topics/2017/20170623_01.pdf

<加計問題>獣医増え万歳?「どんどん新設」閣僚も首相援護