西国33か所巡礼第24番札所中山寺あずきと妻といっしょ

やっと梅雨が明けましたね。

やはり暑いですが、風が入り、蒸し暑さが気のせいか和らいでいるような。

西国33か所巡礼第24番札所中山寺です。

6月12日に家から車で出発。

もちろん、あずきペキニーズ、雌と妻が同行です。

家から茨木市を通り高速道路を使わずに中山寺へ行きました。

天気は雨が降らずに曇っており、あついものの、まだましといったところです。

中山寺に着く少し手前にJR中山寺駅に入る道があり、間違って入り込みUターン。

そして、元の路に戻って進み、1つ目を右折しうろうろと走り、踏切を超えたところに、お食事処があり、その駐車場に入りました食事をすると駐車料が安くなりました。

そこから少し歩いて、中山寺へ。

摂津の国中山寺とありますが、摂津と言えば摂津耶馬溪高槻市にあり、

高槻市から西の宝塚市も摂津なんですねえ。

淀川をはさんで南側は河内かわちで、枚方市

寝屋川市などは河内かわちのうちでも北の方で北河内と呼ばれており、

淀川の北側は摂津なんですね。

ご存知のように、中山寺は安産のお参りに行くお寺ですので、

朱印帳の左上の西国33か所草創1300年の印も安産祈願と入っていますね。

戌いぬの日にまく腹帯を授かり、生まれればお礼参りをする。

本尊が十一面観音ですので、やはり中央に観音様のおられるところですので大悲殿

そして観音様を表す梵字のお印があります。

中山寺の山門です。左側に

西国24番札所中山寺と書いた石碑があり、写真を撮ったのですが、私が写ってたので省きました。

この山門を入って石畳を歩いて本堂に向かいます。

解説書では、山門ではなく仁王門となっていました。確かに左右に仁王さんがおられます。

帰りにこの参道に固焼きせんべい確か伊賀せんべいが売っていましたので買いました。

固焼きせんべいは、枚方か寝屋川かにある成田山別院の京阪香里園駅からの参道にもお店で作って売られており、懐かしい味です。

店の方に、煎餅同士をたたき合わせて割るように教わりました。

お菓子は、長く食べずに置き忘れることが多いのですが、帰って、まだあるよねと言ったら、妻から、いつまでもあると思うなと言われました。早くなくなってしまい残念です。懐かしく、なめてとけていく美味しいせんべいなのに

山門から続く石畳の道で、左右に末寺があります。

階段を上ると、少し広いところがあり、右側に休憩所があります。

階段を上がったところに、エスカレーターがありました。

善峰寺勝尾寺は、整備されて大きな駐車場がありましたが、中山寺は、妊婦さんが多いことからでしょうか、エスカレーターがあるんですね。

中央に写っているの五重塔が立派です。

写りが悪いですが、本堂でしょうか。

どうも、写真の撮り方にむらがあり肝心なところが抜けていますね。

五百羅漢山でしょうか。

お参りを済ませて駐車場へ、

そこで、お昼を済ませました。讃岐うどんです。

うどんの定食で、きつねをトッピングした妻のもの。

私は、トッピングなしでした。

美味しかったです。駐車場代も安く済みました。

食事の後、番外の花山院に向かいました。

追記

中山寺には、33か所の観世音さまが集う星下り大会式があるそうですが、大阪府枚方市及び交野市は昔交野原と呼ばれていたそうで、天の川、機織神社、それに枚方市の観音山に牽牛石があるそうで星丘、星田という地名のところもあり、星つながりですね。